admin のすべての投稿

お金欲しい掲示板

僕の姪っ子である咲奈ちゃんは卒業を控えた高校生である。卒業後の進路を考えなければならない時期ではあるが、まだ何もプランはないらしい。
「お金稼ぐつもりでは、いる」
しょっちゅう僕の家に泊まり来ては、メシ食ってテレビ見てくつろいでいる。そして、お礼代わりに凝り性である僕の腰をかかとで踏んでくれている時に、何気なく将来のプランなどを聞いてみたのだ。
咲奈ちゃんは幼少の頃から僕にはなぜか懐いていて「オカンとケンカしたー」と言っては、一人暮らしの僕の部屋に泊まりに来ていた。咲奈ちゃんの母(つまり僕の姉)も何だか諦めていて「いつもすまんねー。悪いけど落ち着くまで面倒見てやって?」などとすっかり僕を信頼していた。
「お金欲しい掲示板ってのがあって、お金欲しいって書けば、くれる人がいるんだって」
と、咲奈ちゃんは僕の腰をグリグリやりながら言う。
パトロンの意味
お金欲しい掲示板なるものは、何となく僕にも理解できる。言わば、援助交際の巣窟だ。
よちよち歩きしている頃から見ているのだからあまり実感は沸かないが、咲奈ちゃんも年頃の娘なのである。僕の前で平気で屁をこかなくなったし、陰毛が目立ち始めた頃から風呂上りに全裸で歩き回ることも無くなった。
「そう言う掲示板を使ってお金稼ぐのもありかなって思ってる」
気づけば、咲奈ちゃんはもう結婚ができる年齢なのである。血縁だからそんな気は起らないが、胸もお尻も既にセックスアピールの固まりに成長している。お金欲しい掲示板で体を使ってお金を稼ぐこともできるだろう。もっとも、伯父の立場としては、全力で阻止しなければならない。
僕が注意を促そうとすると、それを遮るように咲奈ちゃんは言った。
「本当に困っている人がそう言う掲示板で助け合ったりできたらいいなって。その仲介をして手数料をもらえたら私も食べていけるっしょ?」
お金欲しい掲示板を運営する方かい!!咲奈ちゃんが賢いのかアホなのかよくわからなくなる僕だった。
F割
サポ掲示板

パパ活アプリ

学生のころに、パパ活してて、一時期は貯金額が一千万に届きそうになってたことある。
パパが何人もいたんだよね。中には太パパもいて。
みんなパパ活アプリで知り合った人なんだけど、パパ活アプリでもちゃんと会って、付き合うようになると、本当にみんな普通の人なんだなって思えてね。
自分も父親がいなくて育ったから、父性愛に飢えてたってところもあるけど、みんなからすごくかわいがってもらったって意識だよね。
今はもうパパ活アプリもしてないし、その当時のパパともみんな切れてる。
時々メール来たり、飲みに行くってことはあるけど、昔みたいにそういう関係ではなくて、パパ達にとっては親戚の女の子、みたいな感覚みたい。
パパ活をしているぽっちゃりな私
それで、みんなから言われるけど「あの当時の(私)ちゃんはちょっと危うかった」って。
「自殺しちゃうんじゃないかって心配で、過保護になっちゃったかなぁ」なんて笑ってくれる人もいて。
傍からみたらそんなに危ない感じだったのか、私・・・
パパ活アプリのおじさまがたってそういう優しい人が多いのかなって最近ちょっと思うよね。
ただ若い女の子を利用していい思いしたいって人もいるんだろうけど、私みたいなどこか危うい子を助けたいという気持ちも多少はあるんだな~って。
私にとっては、飢えてた父性愛をパパ活アプリで補ったという感じだよね。
お金ももらえて、愛情ももらえて、それでやっと一人前になったって感じ。
育ててもらったんだよね。
本当の父親はいないけど、助けてくれたパパならたくさんいる。
パトロンとは
援助掲示板

38歳既婚男性会社員の不倫SNS体験日記

世の中は不倫真っ盛りという感じです。
不倫サイトや不倫SNSを使って、見知らぬ相手とスリリングな夜を
楽しむなんてことは、今までの僕には信じられませんでした。

しかし、一度、不倫の快感を覚えてしまうとハマりっぱなしという
感じになっているのが正直なところです。

僕は結婚して10年が経ちます。
子供はいないのですが妻も仕事をしていて、いわゆるキャリアウーマンです。

よって、お互いすれ違いの時間が多くて家でも会話がほとんどありません。
まさに仮面夫婦といった状況です。

そんな時に目についたのがある不倫サイトでした。
僕の同僚も不倫SNSで見知らぬ女性と関係を持ってしまっていました。

とはいうものの芸能人のコメントではないのですが、
「不倫は男の文化」
なんて感じで不倫そのものを楽しんでいる様子です。

僕もSNSがサイトどちらでもいいので、一度、不倫を楽しもうと
思ったのです。

選んだのは不倫SNSでも有名な出会い系サイトでした。
早速、会員登録をスマホで済ませてアクセスすると
驚くことにこんなにも不倫願望の女声がいるとは知りませんでした。

そこで目に留まった女性は、僕と似たような境遇でした。
家庭を省みない仕事一途の旦那さんの為に、全く彼女とは
夜の営みどころか会話さえない様子です。

すぐにメッセージを送ります。
「はじめまして。メッセージを拝見凍ましたが、僕も似たような
環境です。色々とお話し中できれば嬉しいです。」

すると暫くしてから返事が来たのです。

「メッセージをくれてありがとうございます。とてもうれしいです。」

そうやって何度かメールを交わす間に、実際に逢うことになりました。
待ち合わせ場所は、市内のある携帯ショップの前。
始めて逢った時は、とてもドキドキしていたのですが
お互い会話をしているだけで、とても懐かしい恋人に
再会した感じでした。
その為か、体の関係を持つまでも、そんなに時間を必要としなかったのです。

一度だけという思いだったのですが、その不倫が毎日の
生活の励みになろうとは思っていなかったのですが
今では本当に濃厚で官能的な夜を過ごすことができて
僕も彼女も充実した毎日を過ごせています。 “

42歳専業主婦の不倫SNS体験日記

夫は私を愛していない。
ただ惰性と諦めで続いているような結婚生活。
子供は社会人になり、家を出ていき一人暮らしを初め、家には私と夫の2人が残されました。
夫は地位の高い職業に就いており、仕事で忙しく家にいません。
ですが知っています。
私は彼が浮気をしているということを。女って嫌な生き物ですよね。
同族嫌悪なのかしら。夫のスーツに付いている甘い香水。
これは私のものよ、というようなことを妻である私に知らせていると思いました。犬のマーキングみたいで低俗です。
私は夫の収入のおかげで結婚してから一度も働きに出たことがありません。友達も少なく、孤独でした。
夫に相手にされない寂しさもあり、彼の浮気が許せない腹いせに、浮気をし返すことにしました。
そのために不倫SNSに登録しました。
きっと本当に不倫をすることになっても夫は気が付かないでしょう。なぜなら、私に興味がないのですから。
そして、さっそくそのサイトで知り合った男性と会う約束をしました。この男性も家庭があり妻がいる身だそうです。
おなじ身の上同士、なぜこの人が不倫をしたくなったのかはわかりませんが。
いっそのこと重婚を法律で認めてしまえば、冷めた夫婦も不倫も存在しないのです。不倫SNSもいらないのです。
バカみたいだわ。
そんな擦れた心を持ちながら待ち合わせ場所に向かいました。
その男性(Kさん)は45歳。私より3つ年上です。
とても感じの良い優しそうな人でした。そして、何よりも私のことを女として扱ってくれました。
久しぶりの感覚でした。
女として見られ接してもらうことがこんなにも嬉しいだなんて、今までなんて淋しい夫婦生活を送っていたのだろうか。後悔の念すら持ちました。
Kさんとのセックスはとても献身的で丁寧に全身を愛撫し、前戯に時間をかけゆっくりとしたスローセックスでした。
何年ぶりかにイク感覚を味わいました。
1度覚えてしまったこの快楽を手放すことなんてできません。
Kさんに夢中になりそうで、怖いです。